セラミドとは

セラミドってどんなもの?

セラミドとは、具体的にどのようなものでしょうか。
セラミドは、今、皮膚科学の分野で注目されている「細胞間脂質」です。

皮膚は、三層の構造で成り立っています。
その三層とは、表面の方から表皮、真皮、皮下組織と呼ばれる肌組織です。

一番外側に位置する表皮は複数の層に分かれています。
表皮の表面は皮膚膜で覆われ、「角質層」「顆粒層」「有棘(ゆうきょく)層」「基底層」という層で構成されています。

表皮層

セラミドは、表皮の最も外側に位置する角質層の細胞間に存在する細胞間脂質の主要成分です。
細胞間脂質とは、角質層の細胞間を埋める役割を果たす物質で、その40~60%をセラミドが占めています。

セラミドは肌バリア機能に重要な役割を果します

角質層の表面には、皮脂が薄い膜をつくっています。
皮脂膜と呼ばれるこの膜は、細菌などの異物が外部から侵入するのを防ぎ、肌の水分を抑制して保湿する役目を持っています。
この機能が皮膚のバリア機能と呼ばれるものです。

皮脂膜は一次バリアとしての役目を果しますが、
二次バリアとしての役目を果すのは、
表皮の角質層に存在する細胞間脂質であるセラミドです。

角質層が充分なセラミドで満たされていると、バリア機能がよく働き、
外部からの刺激性物質や細菌などの侵入物で肌荒れするということがおこりにくくなります。

セラミドは、脂質でありながら、油となじみやすい親油性のみだけでなく、水になじみやすい親水性も併せ持っています。
細胞の間で、水分を蓄える役目を果し、保湿効果を発揮するのです。

セラミドは、このようなメカニズムをもっていますので、
肌の潤いを守り、肌にみずみずしさをあたえてくれます。

>>TOPへ

>>セラミド美容液人気ランキング

敏感肌対策

敏感肌の人は、化粧品や美容液選びも慎重になることが多いと思います。
とくに化粧品かぶれを起こしたことがある人は、本当に自分の肌に合う化粧品選びに苦労するものです。

敏感肌対策としては、敏感肌用とされているものを選ぶ方が多いと思いますが、しっかり自分の目で成分を確認して選択することも必要です。

敏感肌対策用の化粧品の選び方について、考えてみましょう。

敏感肌とはどういう状態?

敏感肌の人は、ちょっとした刺激でお肌が過剰に反応してしまいます。
生まれ持った敏感肌質の人もいれば、ある日突然肌質が変わり敏感肌になる人もいます。

空気の乾燥や花粉、ハウスダストなどの環境的刺激で、お肌がかゆくなったり、赤みがでることがあります。
また、化粧品や美容液などが合わなくて、湿疹ができたり、かぶれたりする人もいます。

敏感肌対策に必要なこととは?

敏感肌対策に必要なことは、次のようなことがあります。

・正しいスキンケア
・お肌への刺激を避ける
・食習慣の見直し

◆◆ 敏感肌の人のためのスキンケア ◆◆

間違ったスキンケアが原因で敏感肌になる人がいます。
後で詳しく述べますが、敏感肌の人の基礎化粧品は、保湿ケアを中心に考えます。

◆◆ お肌への刺激を避ける ◆◆

お肌が敏感になっている時には、肌への刺激を極力避けるようにしましょう。
摩擦などによる物理的刺激を避けること、化粧品やメイク用品は、低刺激のものを選ぶ、といったことが大切です。

◆◆ 食習慣の見直し ◆◆

敏感肌の人は、腸内環境が乱れている人が多いです。
お肌が過敏になるということは、抵抗力が低下しているということですが、身体の免疫機能は、腸内環境に左右されます。

腸に負担をかける食習慣になっていないか見直し、腸の働きをサポートする食生活を身につけましょう。

敏感肌の人の化粧品選び

では、具体的に、敏感肌の人のための化粧品選びで気を付けたいことは何でしょうか。

刺激に弱い敏感肌の方は、まず保湿ケアを行うことを考えましょう。
そのためには、化粧品や美容液で、セラミドを補充することが効果的です。

肌の乾燥対策を行うことが、そのまま敏感肌対策になるのです。

敏感肌の人のための化粧品選びは、セラミドを中心とした保湿効果の高い成分が含まれたものを選ぶようにします。
また、香料や鉱物油、防腐剤など、肌にとって刺激になるものがなるべく含まれない無添加のものを選ぶことも重要です。

正しい化粧品選びで敏感肌対策を

敏感肌の人の化粧品選びは、パッケージや雰囲気で選ぶのではなく、きちんと含まれている有効成分を確認して選びたいですね。
肌にあった化粧品を根気よく使い続けることで、トラブルに負けないお肌作りを行いましょう。

>>TOPへ

>>セラミド美容液人気ランキング

このページの先頭へ