セラミドの不足による乾燥肌・敏感肌

美しい健康的は肌を保つには、潤いのある肌の状態を保つことは大変重要で、
そのために、保湿を担う細胞間脂質の40~60%を占めるセラミドが大きな役割を果していることを、
セラミドとは という記事で述べました。

ここでは、セラミドが不足することによって、引き起こされることを書いてみたいと思います。

セラミドが、皮脂膜の一次バリアに次ぐ二次バリアとしての役割を果すことはすでに述べました。
十分なセラミドが角質層に存在すると、外部からの刺激性物質や細菌などの侵入物から肌を守ってくれ、
肌の水分を保持してくれます。
つまり、セラミドは肌の潤いを守ってくれます。

セラミドが不足すると、肌の水分保持力が低下し、
肌に潤いがなくなります。
セラミドが不足することによって、乾燥肌の状態を招いてしまうのです。

また、セラミドが不足すると、バリア機能も低下します。
バリア機能が低くなった肌は、いろいろなトラブルを引き起こします。

外部からの刺激に弱くなり、
肌のヒリヒリやカサカサ感、かゆくなったり、赤くなりやすくなったりします。
ニキビや吹き出物ができやすいということも引き起こされることがあります。

セラミドが不足することで、以上のような乾燥肌や敏感肌になる可能性が高まるのです。

>>TOPへ

>>セラミド美容液人気ランキング

このページの先頭へ