セラミドは減少します

セラミドは、環境や気候の変化、またストレスなどでも減少しますが、
最も大きなセラミド減少の原因は、加齢です。
50代では10代の約半分にまで減少すると言われています。

セラミドは、水分を保持するだけでなく、外的刺激や抗原などの肌への侵入を防ぎ、そのバリア機能で肌を守る役目も担っています。

このセラミドが減少すると、角質層の保水機能や肌のバリア機能の低下を招くこととなります。
すると、肌は乾燥しやすくなって潤いがなくなり、肌の老化が進みます。
また、バリア機能が低下し、細菌が進入しやすくなると、アトピー性皮膚炎などの肌トラブルを招きかねません。

肌の健康を維持するためには、減少したセラミドを補い、せラミドの量を保つことが大切です。

ターンオーバーの乱れがセラミドの減少を招きます

セラミドはターンオーバーの過程で生成されます。

肌のターンオーバーにおいて、皮膚細胞は表皮の一番下の基底層で生まれます。
この新しい細胞は、形を変えながら外側の角質層に向かって成長していきます。
その過程で、細胞は核を捨て死んでいくのですが、同時にセラミドやNMFが生み出されるのです。

セラミドを減少させないためには、正常なターンオーバーは大変重要で、
ターンオーバーが乱れると、セラミドの減少を招くことになります。

セラミドは洗顔で奪われることもあります

日々の洗顔は大切なものですが、その方法と洗顔料の選択を誤ると
セラミドが減少してしまうことにもなりかねません。

まず、洗顔料やクレンジング剤は自分の肌に合った良質なものを選ぶことが大切です。
特にミルククレンジングやオイルクレンジングをする場合は、慎重にクレンジング剤を選んでください。
強すぎるクレンジング剤は、セラミドを奪ってしまいます。
(質の良くない乳化剤や毒性のある合成界面活性剤が含まれているものは絶対NGです。)

毎日のクレンジングはそれだけでもセラミドが奪われることはありえます。
ごしごし擦ってクレンジングすることは避けて下さい。

洗顔をするときに洗顔料をしっかりと泡立てることの重要性は方々で言われていますが、
これは本当に大切です。
肌には過度の刺激を与えないよう、質の良い泡でごしごし擦らないように洗顔して下さい。

>>TOPへ

>>セラミド美容液人気ランキング

このページの先頭へ