乾燥肌予防を考えたお風呂の入り方

お風呂にゆっくりと入ることは、体の汚れを落とすだけでなく、リラックスをするためにも大切です。
ストレスが敏感肌の原因となることは、最近ではよく知られるようになりました。

美しい肌をつくるためには、
お風呂でゆったりとくつろぐ時間も有効でしょう。

そのお風呂の入り方ですが、
入浴は、肌の保湿を司っている脂分を洗い流してしまいますので、
乾燥を招かないために、注意することがあります。

まず、お湯の温度には気をつけましょう。
熱いお湯は、肌の乾燥を招いてしまいます。
また、高い温度のお湯は交感神経を刺激し、リラックスをすることができません。
体の緊張を招き、血行・血流が抑制された状態になりがちです。

身体のために理想的とされるのは38~40℃の少しぬるいと感じられる温度です。
ぬるめのお湯にゆったりとつかることで、
発汗を促し、毛穴の汚れも落とすことができます。
血行・血流を促進し、副交感神経が優位に働くことでリラックスをすることができます。

リラックスするために、お気に入りの香りの入浴剤、
また、肌の保湿のために、保湿効果が高い入浴剤を利用するといいでしょう。

次に気をつけることは、ボディソープの選択です。
最近では、保湿に配慮されたボディソープが発売され、
セラミドが配合されたボディソープも製品化されています。

洗浄力が強すぎるボディソープで皮膚を保護してくれている角質まで洗い流してしまわないようにしましょう。
洗顔同様、十分に泡立てて優しく洗うことが望ましいです。

お風呂から上がった後は、肌の水分が蒸発して乾燥を招きやすい状態になっています。
顔にスキンケアはすぐに行い、
体の保湿もボディローションなどでするといいでしょう。

>>TOPへ

>>セラミド美容液人気ランキング

このページの先頭へ