美肌になる方法

肌が潤い、滑らかさ、ハリ、弾力、血色、そしてツヤ、この6つを全て備えている美肌は女性の憧れです。

「潤い」とは肌に水分がたっぷりある状態で、「滑らかさ」とは触ったときの感じ方で望ましい状態です。

「ツヤ」のある肌とは剥いたばかりのゆで卵のようにつやつやとしている肌のことで、「血色」がいいとは、肌の色がほんのりとピンク色であるような肌のことです。

「ハリ」を持った肌はたるみがなく、ぴんと張った状態をしていて、「弾力」を持った肌は指で押したときなどに、ぱっとすぐに戻るような肌なのです。

肌は身体内部から作られていて、サプリメントなどによる栄養補給、入浴など身近な方法でも、肌の状態を改善し、保護することができます。

一生懸命スキンケアを行っていても、こういった肌以外の部分に関するケアが十分でなかったり、スキンケアの方法が正しくない場合は、
なかなか美肌に近づけない場合もあります。
それはまずスキンケアの方法が間違っていないか見直すことから始めるべきでしょう。

まずは美肌を目指して正しいスキンケアを身につけることをはじめましょう。

まず、美肌に重要なのは「水分」です。

水分は、酸素や栄養を細胞に届ける働きがあります。

肌細胞にとって大切なのは、新陳代謝を活発にし、肌が生まれ変わるターンオーバーを正常にすることです。

水分を摂って、細胞が活発に働けば皮膚が生まれ変わるサイクルも正常になります。

皮膚が生まれ変わるのは28日間サイクルだといわれていますが、肌の働きが悪くて新陳代謝も活発になってなければ、その期間は当然長いものになってしまいます。

美肌を作り出すためには、そういった内側からきれいにすることから始まるのです。

>>TOPへ

>>セラミド美容液人気ランキング

このページの先頭へ