シミ予備軍という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

シミ予備軍というのは、まだ表面には出てきていないシミの元です。
肌の奥にメラニンが蓄積され始め、それが後にシミとなります。





では、そのメラニンはどのようにして作り出されるのでしょうか。
メラニンの生成には様々な要因があります。

一番よく知られているのが、紫外線です。
紫外線を浴びると、紫外線の有害物質から肌を守るため、活性酸素が生成されます。
活性酸素は、肌細胞を有害物質から守ってくれるものですが、過剰に増えると細胞にダメージを与えます。
そのダメージから細胞を守るために生成されるのがメラニンです。

その他には、肌への過剰な摩擦や、ニキビや炎症などの皮膚トラブル。
また、喫煙やストレス、大気汚染による肌へのダメージ、女性ホルモンの働きによっても
メラニンが生成される原因となります。

そのようにして生成された過剰なメラニン、またターンオーバーで排出されきれずに残ってしまったものが
目に見えるシミとなって現れます。

つまり、シミ予備軍は、将来肌の表面にシミとなって現れる可能性が高いのです。
メラニン色素が肌に沈着し、シミとなってしまうと、それを消すのが難しくなってしまいます。

シミやそばかすは、シミ予備軍もうちにしっかりとケアを行っておきましょう。

シミ予備軍を将来シミとして現せることがないようにするには、
「シミ予備軍の状態からケアすること」、同時に「シミ予備軍そのものをつくらないこと」の2つを両立させる美白ケアが
大変重要となってきます。

シミ対策となると自然、美白ケアに重点を置きがちですが、
保湿ケアも同様に大切です。

美白も保湿も両方が必要です。

肌が乾燥をしていると、外部からの刺激や紫外線など、ダメージを受けやすくなります。

それらのものから肌を守るため、角質は厚くなる傾向があります。
保湿ケアを行うことで、美白ケアをより効果的に行うことができます。

肌が乾燥し角質が厚くなると、肌が硬くなり、その状態で美白ケアだけを行っても、
美白成分が肌に充分浸透しません。
となると、せっかくの美白成分が効果を発揮することができないということになります。

美白ケアと同時に保湿ケアを行い、肌の奥で常に作られ続けるシミ予備軍に対策することが大切です。

>>TOPへ

>>美白美容液人気ランキング

保湿ケア 美白ケア