美肌のために、ストレスが天敵なのはよく知られていることです。

では、なぜストレスが美しい肌にはよくないのでしょうか。





ストレスが肌に良くない原因とは?

遠い昔、人間が自分の身を守るために、人間の身体の仕組みとして組み込まれた反応がいくつもあります。
ストレスに関する反応もそのひとつです。

人間の身体の仕組みとして、脳は、ストレスを感じたとき、外部に対する攻撃態勢、外部からの攻撃に対する防御姿勢をとります。

外敵の接近に神経が研ぎ澄まされ、戦いによって負傷したときに備えて、
血管を収縮させ、末端の血流を少なくし、脳により多くの血を送り込みます。
結果、ストレスによって、食欲がなくなったり、胃腸の調子が悪くなったり、眠りが浅くなったりします。

私たち現代人もこの身体の反応を受け継いでいます。

ストレスを感じることで、血行・血流が悪くなり、新陳代謝が鈍くなります。
それによって、ターンオーバーが乱れることにもなり、肌荒れや乾燥肌を引き起こします。

さらに、ニキビや敏感肌などの肌トラブルを引き起こすことにもなりかねません。

ターンオーバーが乱れると、保湿を司るセラミドが正常に生成されなくなり、
肌が乾燥しがちになります。

肌が乾燥すると、外部からの刺激や紫外線などから肌を守るため、角質が厚く、肌が硬くなり、
その状態では、美白ケアが効果的に行えないことは既に書いたとおりです。

質の良くない睡眠や睡眠不足、消化器の不調が肌に良くないことはよくご存知だと思います。

ストレス解消の心がけ

そうは言っても、現代人である私たちがストレスを感じずに社会生活を送ることは不可能です。
また全てのストレスが悪いというわけでもありません。

大切なことは、ストレスとうまく付き合っていくことです。
負担になるようなストレスは上手に解消しましょう。

ストレスが、健康やメンタル、そして肌へ与える状況をしっかりと認識し、
溜め込んでしまわないこと、そして、それらの悪影響を回避することが重要となります。

過度のストレスは、肌の状態はもとより、健康や精神状態に確実に影響を及ぼします。

ストレスで肌を荒らしてしまっては、いくらスキンケアを行っても効果が出にくくなります。
エイジングにも大きな影響を与えます。

日常のストレスはこまめに解消することを心がけましょう。

美肌ケア・美白ケアと同時に、気分的にもケアすることは大切です。

お気に入りの香りを身にまとったり、お風呂にゆっくり入ったり、1日に少しだけでもゆっくりできる時間をとったり。
軽い運動、ストレッチなどもいいでしょう。

そのようなストレスの解消が美白ケア、美肌ケアにつながります。

>>TOPへ

>>美白美容液人気ランキング

保湿ケア 美白ケア 美肌ケア