美しい白い肌は女性の憧れですが、その美しさを守るためには紫外線からしっかり肌を守ること、そして自宅でのスキンケアを丁寧に行うことが大切です。





美しい肌を守るためには美白化粧品が役立ちますが、特に美白美容液は美容成分がぎっしり凝縮されていることもあり高い改善効果を期待することができます。

そして美白化粧品には様々な美白成分が含まれていますので、それぞれの特徴や安全性はよく確認しておきたいところです。

美白化粧品を使うときに気をつけたいのは、一部の皮膚が白くなってしまう、白斑という症状が出てしまうことです。
一度抜けてしまった皮膚の色は元に戻すことは難しく、白く色が抜けてしまった部分はかなり目立つこととなってしまいます。

有名化粧品メーカーの美白化粧品で、多くの女性がこの白斑で悩まされることとなりました。
このときに問題となったのがロドデノールと呼ばれる成分です。

ロドデノールは厚生労働省にも認められた成分で問題となった化粧品メーカーの独自の成分です。

比較的新しい成分ということもあり、長期に使用した際の副作用については明確ではありませんでした。
多くの被害の声が出たことで自主回収が行われることとなりました。

このほかの美白成分として話題になっているのがハイドロキノンです。

多くの美白成分はこれからできるシミの予防に役立つものですが、作用が強いこともあり間違った使い方をすると副作用が出てしまうこともあります。

ハイドロキノンは強力な漂白作用があることもあり、白抜けの心配もありませんが5パーセント程度の濃度であればそうした心配はいらないとされています。

ハイドロキノンは医療機関で処方してもらうことができますが、効果が高いだけではなく刺激も強い成分ですので、医師の指導はきちんと守り正しく使っていきましょう。

最近は新安定型ハイドロキノンを配合している化粧品もあり、こちらは従来のハイドロキノンより肌への負担や刺激が抑えられたものとなっています。

>>TOPへ

>>美白美容液人気ランキング

美白ケア 美白成分