肌の質は個人によって異なります。
そのため美白ケアを行なうにしても、自分の肌質にあったケアを行なわなければなかなか効果がでないことが考えられます。





脂性肌(オイリー肌)は、一見問題は皮脂の多さだけのように思われますが、インナードライ肌と言われる肌の表面上は潤って見えるが肌の中は乾燥していることが多くあります。

美白ケアをする場合には乾燥を改善する保湿が重要となってきます。
肌の保湿をすることによってターンオーバーを正常にし、新しい皮膚を作り出すことが大切です。

そのためには、たっぷりの泡で優しく洗顔をして保湿化粧品を利用して肌を乾燥を防ぐことがおすすめとなります。

乾燥肌は肌のバリア機能が低下してしまっている状態であることが多く、美白どころかニキビや肌荒れなどが刺激によって起こりやすくなっています。

そのため美白化粧品を利用するにしても、肌の潤いを補うことのできるセラミドやヒアルロン酸、コラーゲンなどの保湿成分を補うことを意識することが重要となります。

乾燥状態を改善したあと、健康な肌の状態にしてから美白成分が多く含まれた美白ケアをすることが良いとされています。

敏感肌は、少しの刺激でも赤みが出たりピリピリするなどの肌が敏感になってしまっている状態です。

肌のバリア機能が弱くなっていることから通常の美白ケアだけでは良い結果が出ない場合が多く、改善するためには消炎効果のある成分でスキンケアをすることがおすすめです。
また、洗顔をする時も市販の洗浄力の強い洗顔料を使うのではなく低刺激の洗顔料で優しく洗顔していきます。

肌の中に存在するセラミドが少なくなると敏感肌になってしまうこともあるため、セラミドの配合されたスキンケア用品を使って補うことも効果的です。

どのような肌質であれ、まず改善すべきなのは保湿です。
肌質にあった保湿を行なうことで、肌のターンオーバーがスムーズに行くようになります。

また、質の良い睡眠をとったり、美白に効果的な食事をバランス良くする、サプリメントを使うなどの身体の内側からのケアも大切です。

>>TOPへ

>>美白美容液人気ランキング

美白ケア 肌質別