しみ・シワ対策~生活習慣の改善

生活習慣を見直し、そしてそれを改善するというのも、しみやシワの対策としては重要なポイントとなります。

お肌に負担をかけないためには、過度の飲酒や喫煙といった習慣を見直すことは大切です。
過ぎた喫煙や飲酒は、しみやシワを進行させる原因となりえます。

お肌にはバランスのとれた食事も大切です。
好き嫌いが激しい、毎日の食事に栄養に偏りがある、という方は、しみやシワを改善するのに食事を見直すことも必要となります。

しみやシワのない美肌をのためには、肌細胞や身体の新陳代謝機能を高める必要があります。
そのためにも栄養バランスがとれた規則正しい食習慣を身につけるべきなのです。
たとえ食事の量を減らすとしても、毎日3回のバランス良い食事を心がけましょう。

質の良い睡眠は美肌のために大変重要です。
毎日決まった時間に寝ることは、成長ホルモン安定につながります。
成長ホルモンは、寝ている間に分泌されるといわれています。
質の良い睡眠を取ることで、肌がみずみずしく生まれ変わっていくのです。

十分な睡眠、栄養のバランスのいい食事、そして肌の手入れをしっかり行うことが、ハリのある、しみやシワのない美肌を作ってくれます。

美しい肌を作るのに顔のマッサージをする方も多いでしょう。
マッサージでは顔の代謝を促進することができます。
ただ、肌の表皮はデリケートな部位です。
マッサージであくまでもやさしくを心がけましょう。
激しく引っ張ったりゆがめたりすることで肌に負担をかけるのは避けたいことです。
逆にしわを増やしてしまう結果になることもあり得ます。

そもそもお肌は優しく扱ってあげるのが基本ですので負担を掛けないように、クレンジングや洗顔の際も、デリケート行うことが重要です。
肌も身体の一部ですから、大切に扱うように心がけましょう。

>>TOPへ

>>セラミド美容液人気ランキング

美肌になる方法

肌が潤い、滑らかさ、ハリ、弾力、血色、そしてツヤ、この6つを全て備えている美肌は女性の憧れです。

「潤い」とは肌に水分がたっぷりある状態で、「滑らかさ」とは触ったときの感じ方で望ましい状態です。

「ツヤ」のある肌とは剥いたばかりのゆで卵のようにつやつやとしている肌のことで、「血色」がいいとは、肌の色がほんのりとピンク色であるような肌のことです。

「ハリ」を持った肌はたるみがなく、ぴんと張った状態をしていて、「弾力」を持った肌は指で押したときなどに、ぱっとすぐに戻るような肌なのです。

肌は身体内部から作られていて、サプリメントなどによる栄養補給、入浴など身近な方法でも、肌の状態を改善し、保護することができます。

一生懸命スキンケアを行っていても、こういった肌以外の部分に関するケアが十分でなかったり、スキンケアの方法が正しくない場合は、
なかなか美肌に近づけない場合もあります。
それはまずスキンケアの方法が間違っていないか見直すことから始めるべきでしょう。

まずは美肌を目指して正しいスキンケアを身につけることをはじめましょう。

まず、美肌に重要なのは「水分」です。

水分は、酸素や栄養を細胞に届ける働きがあります。

肌細胞にとって大切なのは、新陳代謝を活発にし、肌が生まれ変わるターンオーバーを正常にすることです。

水分を摂って、細胞が活発に働けば皮膚が生まれ変わるサイクルも正常になります。

皮膚が生まれ変わるのは28日間サイクルだといわれていますが、肌の働きが悪くて新陳代謝も活発になってなければ、その期間は当然長いものになってしまいます。

美肌を作り出すためには、そういった内側からきれいにすることから始まるのです。

>>TOPへ

>>セラミド美容液人気ランキング

夏のシミ対策、美白化粧品を使っていたら大丈夫?

夏になると気になるのが美白ケアです。
でも、その美白についての知識は正しくないかもしれません。

夏の強い紫外線、シミが気になります。
美白化粧品を使っていれば大丈夫なのでしょうか。

美白化粧品と言うのは、元来シミを薄くするものです。
美白化粧品によるトラブルは記憶に新しいですが、やはり刺激が強いものが多いのは事実です。
敏感肌の方や乾燥肌の方、肌荒れしやすい方には、余りおすすめできません。

肌荒れがある状態で美白化粧品を使用すると、刺激を加える原因にもなりえますので、
注意して使用することが必要です。

ただ、もちろん、決して美白化粧品を使うべきではないということではなく、
健康的な肌の状態で、日焼け後の黒く落ち着いた肌には、美白化粧品は有効です。
もちろん、日焼けをした直後の、ダメージが残っている肌、赤みやヒリヒリという感覚が残っている肌には、厳禁です。

まずは肌をよく冷やしてケアをし、十二分な保湿をすることが大切です。

では、肌荒れしやすい肌質の場合、美白化粧品を使わずに美しく白い肌を目指すにはどうすればいいのでしょうか。

美白を目指すには、基本的なスキンケアを徹底しておこなうことが大切です。
基本のスキンケアをしっかりと行い、
潤いのある健康的な肌を維持することで、シミやくすみを予防することが可能です。

もちろん、紫外線対策はしっかりと行いましょう。
特に、「つもり」の紫外線対策は注意が必要です。

日焼け止めは適切な量をしっかりと使用しましょう。

毎日の紫外線対策をしっかりとおこなうことで、シミだけなく、
シワ、たるみといった「光老化」も予防することができます。

>>TOPへ

>>セラミド美容液人気ランキング

メディプラスゲル~思ったより保湿されていない気がするとき

メディプラスゲルを使い始めて、
「思ったより保湿されていない気がする・・・」と感じる方がいらっしゃると聞きました。

これは、メディプラスゲルに限ったことではないのですが、
保湿効果が高いと評判の化粧品を使い始めても、そのような感覚を覚える方がいらっしゃるそうです。

これは、肌の乾燥が進んでいるためという可能性があります。

肌の奥、角質層まで乾燥が進んでいると、
保湿効果の高い化粧品を使い始めてもすぐに十分な潤いを感じることができないかったりします。

メディプラスゲルの場合も、肌の奥まで乾燥が進んでいると、使い始めにはなかなか保湿感が感じられないことがあるそうです。

そんな時は、夜のスキンケア後、就寝直前にもう1プッシュ、プラスしてみましょう。
保湿成分が角質層までしっかりと浸透し、翌朝までしっとり感が続きます。

メディプラスゲル愛用者への「肌のうるおい満足度」に関するアンケートで、
1プッシュ使用の場合、52%、
3プッシュ使用の場合、86%、
就寝前にさらにもう1プッシュ使用の場合は、93%という結果が出ているそうです。

>>TOPへ

>>セラミド美容液おすすめランキング

敏感肌の原因はセラミド不足

ここ数年、大変増えているのが、敏感肌です。
一時的なものを含めた敏感肌の自覚症状は、実に女性の7~8割も占めるというデータもあるほどです。
一時的なというのは、例えば、しょっちゅうというわけではなくても、不定期に、肌が荒れたり、肌に部分的な赤みやかゆみを覚えるといったことです。

敏感肌の症状は実に様々です。
化粧水がしみたり、肌が赤くなったり、ひりひりやかゆみを感じたりすることとして、現れます。
その敏感肌の原因ですが、それは肌のバリア機能弱体化に起因します。

既に述べたように、バリア機能が弱くなると、外部刺激を受けやすい状態になり、肌の水分保持機能が低下します。
それは、肌の潤い不足を招きます。

このような敏感肌を引き起こしている弱体化したバリア機能を強化するためには、
何より保湿が大切です。

セラミドは、肌の保湿には欠かせない物質なのです。

>>TOPへ

>>セラミド美容液人気ランキング

粉ふき顔を解消!

乾燥肌の症状の1つに粉ふきがあります。
顔に粉ふきの症状が出るというのは、比較的多い症状で、
かゆみや痛みもありませんが、見た目がやはりどうしても気になってしまうものです。

粉がふいているというのは、書きましたように痛みやかゆみがありませんので、
自分では気がつかずにいることも少なくありません。
それだけに、改善したいと思う方も多いと思います。

この粉ふきというのは、どういう現象なのでしょうか。
粉のように見える白いもの、これは実は正常に剥がれ落ちていない角質です。
そして、その原因としては、もちろん乾燥肌があります。

粉ふきの解消というのは、考えるほどには簡単ではありませんが、
乾燥肌の対策を根気強く行うことで解消させることができます。

効果的なコスメとマッサージで肌を柔らかくして角質が正しく剥がれ落ちる肌をつくること、
そして、保湿効果の高いコスメでしっかりと保湿を行うことが重要となります。
お風呂上りや洗顔後の素早いスキンケアケア、洗顔に熱いお湯を使わないなどの保湿対策を行いましょう。
また、ビタミンCやβカロチンを豊富に含んでいる食物を摂ることを心がけ、
身体の中からも、粉ふき顔解消を助けましょう。

おすすめのセラミド配合 保湿美容液

>>TOPへ

>>セラミド美容液人気ランキング

このページの先頭へ